とっぷぺーじへ戻る >  家賃なみの支払いの落とし穴

家賃なみの支払いの落とし穴

家賃が払えない


さてはて、これまで挙げただけでも、持ち家となるとイロイロ費用が
かかってくるなあ、となったわけですが、家を所有するにあたっての
最強最大のテキ(笑)は、やはり住宅ローンでしょう。


キャッシュで買えない限りは避けられない難敵です…私を含め、
家を買おうという人の大多数はお世話にならざるを得ません^^;


さて、この住宅ローンについてですが、不動産のチラシ広告などには、
「今までの家賃と比べてください!」とばかりに、家賃例と毎月のローン
返済額との比較などが載っていることが多いですよね。


パッと見てみると、思っていたほど月々の返済金額も高くない、
本当に家賃なみだし、これなら返していけそうだ、なんて印象をもつ人も
少なくないと思います。しかし…これは本当に参考になるのでしょうか?


私の個人的な答えとしては、「多少の参考程度にしかならない」です。


なぜなら、まずこの返済額の表示そのものにカラクリがあります。
でかでかと書かれた返済金額だけでなく、小さな字で書かれている
注意事項・重要事項もかならず読んで下さい。


するとそこには、「当初○年間固定」や「但し優遇金利適応」などと
書かれていると思います。


そう、チラシに書かれた月々の返済金でOKなのは、たいてい最初の数年だけ。
その後は返済金額が上がってしまうことがほとんどなのです。


チラシに書かれているのは、数十年にわたる返済期間のうち、
もっとも負担が軽くてすむ「ほんの一時期」の返済例を示している
だけにすぎないのです。


「将来的な負担は、かならずといっていいほど、このチラシの返済額より増加する」
ということをまずきちんと理解しておくことが必要だと思います。


おまけに、これまでに挙げた他の費用もかかってくるのですよ。
つまり、月々のローン返済額をこれまでの家賃額と同額におさえたとしても、
返済期間中は全体的な出費は持ち家の方が多くなるのです。


住宅ローンの返済計画は、家賃の支払い以上に余裕を持ちたいものですね。

お金のあれこれ

関連エントリー

・持ち家になると水道光熱費がアップ
・マンション管理費・修繕積立金
・固定資産税
・メンテナンス費用も考えておく
・予算は低めに伝えよう
・予算の上限は死守せよ!
・家賃なみの支払いの落とし穴
・頭金ゼロでOKをうのみにしない!
・ボーナス返済は極力避けよう
・住宅ローン選びの重要性
・新築でも値引きはできるのか?


ローン地獄を防ぐためのアドバイス

要チェック!!

いろいろ検討!物件探し

お金のあれこれ

新築建売一戸建て

新築分譲マンション

リンク集

運営者情報