とっぷぺーじへ戻る >  住宅ローン選びの重要性

住宅ローン選びの重要性

住宅ローン


住宅購入といえば、物件価格などばかりに目がいきがちですが、
もっとも適切なローンを選ぶ、ということも、とても重要なことなのです。


ほんの0.1%の差でもバカに出来ません。たとえば3000万円を35年ローンで
借りた場合、全期間を金利3%で借りるのと3.1%で借りるのとでは、
総返済額で約70万円もの差が出てきます。


しかも金利の差だけではありません。一般的な銀行ローンでは、
ほとんどの場合、別途保証料が必要となってきます。
この比較も大事でしょう。


さてみなさんは、どんな住宅ローンを考えていますか?
住宅購入の際によくすすめられるのが「提携住宅ローン」です。


このローンは、その取扱銀行の窓口金利よりも、いくらか優遇された
金利で受けられたりと、何らかのメリットがあるので、これを聞いた人は
「こりゃお得!!」とばかりに飛びついてしまいがちなのですが、
ちょっと待ってください。


これからの長い返済の負担を考えた場合、すべての人に提携ローンが
ベストの選択とはならないこともあるのです。


金利が多少上昇してきたとはいえ、長い期間の流れで見れば、
今はまだまだ低金利。ですから繰り上げ返済の予定が特にあまりない人なら、
フラット35などの全期間固定ローンがおすすめといえるでしょう。


ですが、今後どんどん繰り上げ返済をして、返済期間を大幅に短縮できる
予定の人や、比較的短い期間でローンを組む人などは、最初の数年の金利が
1%台などときわめて低く設定されている短期固定や、
10年15年などの中期固定タイプなどもいいかもしれません。


(フラット35の方が金利が低ければそちらもOKですね)さらに繰り上げ
返済をする人は、繰り上げ返済の際に手数料がかからないか、
といったことも確認しておく必要があります。


これも何度も繰り上げすれば、「塵も積もれば山となる」です。


住宅購入というのは、もとの扱う金額が大きいだけに、ちょっとしたことで
支払い総額にもかなりの差が出てきますから、今後のライフスタイル予想なども
考慮したうえで、提携ローンだけでなく、他も調べてみましょう。


もちろん、すべての人が予定通りにいくとは限りませんが、
自分には何が適しているか、いくつかのローンをじっくりと
比較検討してみることは、けっしてムダではないと思いますよ^^

お金のあれこれ

関連エントリー

・持ち家になると水道光熱費がアップ
・マンション管理費・修繕積立金
・固定資産税
・メンテナンス費用も考えておく
・予算は低めに伝えよう
・予算の上限は死守せよ!
・家賃なみの支払いの落とし穴
・頭金ゼロでOKをうのみにしない!
・ボーナス返済は極力避けよう
・住宅ローン選びの重要性
・新築でも値引きはできるのか?


ローン地獄を防ぐためのアドバイス

要チェック!!

いろいろ検討!物件探し

お金のあれこれ

新築建売一戸建て

新築分譲マンション

リンク集

運営者情報