とっぷぺーじへ戻る >  持ち家になると水道光熱費がアップ

持ち家になると水道光熱費がアップ

水道光熱費


賃貸住まいから持ち家へ、というコースの人は、ほとんどの場合、
持ち家に移ってからの方が水道光熱費が高くなってしまいます。


最近は省エネ住宅とかいろいろ言われてるのに、
なぜ?と思われるかもしれませんが、もっとも大きな原因は「広くなったから」です。
賃貸時代より狭い物件を買う、という人はそうそういないでしょう。


部屋数も増え、またその部屋ひとつひとつも賃貸より広い。
ですからその分照明や空調も、カバーしなければいけない範囲が大きくなります。
お風呂の湯船だって大きくなります。
電気の契約アンペア数や、水道の口径だって変わります。


私の場合は、床面積50?uたらず2DKの賃貸から、
110?uほどの4LDK一戸建てとなりました。
電気の契約アンペア数は20Aから50Aになり、水道も口径が13?oから
20?oになったので、それぞれの基本料金も高くなり、使用量もアップしました。


唯一ほんの少し下がったのはガス代でしょうか。
これは割高なプロパンガスから都市ガスに変わったためです。
そんなわけで、全体的に見ればやはり水道光熱費の出費は多くなっています。
みなさんも多少のアップは覚悟しておいたほうがいいと思いますよ^^;
鈴鹿市の賃貸探しはエイブルネットワーク鈴鹿店

お金のあれこれ

関連エントリー

・持ち家になると水道光熱費がアップ
・マンション管理費・修繕積立金
・固定資産税
・メンテナンス費用も考えておく
・予算は低めに伝えよう
・予算の上限は死守せよ!
・家賃なみの支払いの落とし穴
・頭金ゼロでOKをうのみにしない!
・ボーナス返済は極力避けよう
・住宅ローン選びの重要性
・新築でも値引きはできるのか?


ローン地獄を防ぐためのアドバイス

要チェック!!

いろいろ検討!物件探し

お金のあれこれ

新築建売一戸建て

新築分譲マンション

リンク集

運営者情報